資料請求はこちら

大学概要

Message

メッセージ

生命と暮らしを支える農林業に、
経営という視点をプラス。
新しい学びの扉を開く。

本学の前身母体である静岡県農林大学校は、明治33年に農事試験場として農事練習生の教育を開始して以来、変化と進化を繰り返しながら1万人近くの人材を輩出してきました。それから120年の節目となる令和2年4月、農林大学校の歴史を引き継ぎながら更にステップアップし、時代のニーズに応えられる新しい農林業人を輩出すべく、静岡県農林環境専門職大学は開学します。キーワードは豊かな創造力と高度な実践力。高度な栽培技術だけでなく、持続的に農林業を営むために加工・流通・販売・経営についても学ぶカリキュラムが特長です。また、農山村地域の環境や文化伝統を守るリーダーとして求められる人間力も身につけていきます。
静岡県は有力な産業が多々あるので忘れがちですが、実は豊かな農業県です。地理的に大消費地も近く、日本経済の動脈となるインフラも整っている。農林業をビジネスとして成立させるための学びの場として、本学はあらゆる面で恵まれています。

農林業が変わろうとする今、
若い力が求められている。

一般的に産業は、多くの資源やエネルギーを消費しています。一方で、農林業は資源とエネルギーを生み出す産業です。同時に、人々の衣食住を支える産業でもあり、大きな意味で言えば人類の存続に貢献する仕事です。農林業を志す皆さんには、そこに自信と誇りを持ってほしい。もちろん、自然を相手にする仕事なので、楽しいことばかりではないかもしれません。同じ天候、同じ状況は二度とないので、常に学び工夫することが大切です。そこが難しい点であり、大きな魅力、やりがいでもあります。そして今、AIやIoTなどの先端技術の導入により大規模化、多角化が進み、農林業は新しく生まれ変わろうとしています。
長い間、農林業と教育に関わってきた私にとっても、これほどまでに胸が高鳴る時代は初めてです。この分野は、ビジネス的にも、社会貢献的にも、可能性に満ちあふれています。これまでにない農林業の新しいカタチを創るのは、本学で学ぶ皆さんです。

静岡県立農林環境専門職大学

学長 鈴木 滋彦

1953年静岡県袋井市生まれ。
名古屋大学大学院農学研究科を修了後、静岡大学農学部林産学科に奉職し、木材の有効利用、特に木質材料、森林バイオマス、セルロースナノファイバーに関する研究に従事。2000年日本木材学会賞、2010年IAWS、Fellow。2011 年~2017年日本学術会議連携会員として林学分科会幹事を担当。 2011年農学部長、2013年国際戦略担当副学長として農学教育の充実、国際交流の推進に尽力。農学博士。

生命と暮らしを支える農林業に、 経営という視点をプラス。 新しい学びの扉を開く。

本学の前身母体である静岡県農林大学校は、明治33年に農事試験場として農事練習生の教育を開始して以来、変化と進化を繰り返しながら1万人近くの人材を輩出してきました。それから120年の節目となる令和2年4月、農林大学校の歴史を引き継ぎながら更にステップアップし、時代のニーズに応えられる新しい農林業人を輩出すべく、静岡県農林環境専門職大学は開学します。キーワードは豊かな創造力と高度な実践力。高度な栽培技術だけでなく、持続的に農林業を営むために加工・流通・販売・経営についても学ぶカリキュラムが特長です。また、農山村地域の環境や文化伝統を守るリーダーとして求められる人間力も身につけていきます。
静岡県は有力な産業が多々あるので忘れがちですが、実は豊かな農業県です。地理的に大消費地も近く、日本経済の動脈となるインフラも整っている。農林業をビジネスとして成立させるための学びの場として、本学はあらゆる面で恵まれています。

農林業が変わろうとする今、若い力が求められている。

一般的に産業は、多くの資源やエネルギーを消費しています。一方で、農林業は資源とエネルギーを生み出す産業です。同時に、人々の衣食住を支える産業でもあり、大きな意味で言えば人類の存続に貢献する仕事です。農林業を志す皆さんには、そこに自信と誇りを持ってほしい。もちろん、自然を相手にする仕事なので、楽しいことばかりではないかもしれません。同じ天候、同じ状況は二度とないので、常に学び工夫することが大切です。そこが難しい点であり、大きな魅力、やりがいでもあります。そして今、AIやIoTなどの先端技術の導入により大規模化、多角化が進み、農林業は新しく生まれ変わろうとしています。
長い間、農林業と教育に関わってきた私にとっても、これほどまでに胸が高鳴る時代は初めてです。この分野は、ビジネス的にも、社会貢献的にも、可能性に満ちあふれています。これまでにない農林業の新しいカタチを創るのは、本学で学ぶ皆さんです。

静岡県立農林環境専門職大学

学長 鈴木 滋彦

1953年静岡県袋井市生まれ。
名古屋大学大学院農学研究科を修了後、静岡大学農学部林産学科に奉職し、木材の有効利用、特に木質材料、森林バイオマス、セルロースナノファイバーに関する研究に従事。2000年日本木材学会賞、2010年IAWS、Fellow。2011 年~2017年日本学術会議連携会員として林学分科会幹事を担当。 2011年農学部長、2013年国際戦略担当副学長として農学教育の充実、国際交流の推進に尽力。農学博士。

Idea

理念

本学の基本理念

これまで農林大学校では、校訓である「耕土耕心」、
すなわち「大地を耕すことは自らの心を耕すことである」
という理念の下、本県農林業の発展に貢献する、
現場で活躍する農林業者を数多く輩出してきました。

専門職大学への移行にあたり、引き続きこの理念を尊重した上で、
年齢や国籍、性別を問わず、農林業に関する実践的な知識・技術を身につけ、
先端技術などを活用して経営革新を推し進めるとともに、
農山村の地域社会を支える農林業者として、
それらを守り育んでいくことができる人材を養成します。

Vision

ビジョン

生産環境経営学部(4年制)

農林業経営のプロフェッショナルであるとともに、農山村地域社会のリーダーとなる人材を育てます

01.農林業経営の
プロフェッショナルの養成

多彩で高品質な農林産物を生産する静岡県農林業の基盤である栽培、林業、畜産、の各分野の経営を牽引していくことができる高度な実践力と豊かな創造力を備え、各分野の経営体において中核を担うことのできる人材を育てます。

02.将来の農山村地域社会
のリーダーの養成

自らが農林業を営む農山村の自然環境や景観の保全、伝統・文化の継承などについて学び、農山村の地域社会における将来のリーダーとしてそれらを守り育んでいくことができる人材を育てます。

生産環境経営学科

短期大学部(2年制)

農林業生産現場のリーダーであるとともに、農山村の地域社会を支えていく人材を育てます

01.農林業生産現場の
リーダーの養成

多彩で高品質な農産物を生産する本県農林業の基盤である栽培、林業、畜産の各分野び生産を牽引していくことのできる実践力と創造力を備えた、各分野の生産現場のリーダーとなる人材を育てます。

02.農山村の地域社会を
支えていく生産者の養成

自らが農林業を営む農山村の自然環境や景観の保全、伝統・文化の継承などについて学び、農山村の地域社会を支える生産者として、それらを守り育んでいくことができる生産者を育てます。

生産科学科